【日本語のサイトでも登録可能?】海外のAmazonアソシエイトへの登録方法

フリーランス生活

海外在住のブロガーさんや、日本在住で海外向けに英語ブログを書いている方だと、『海外のAmazon商品を自分のサイトで紹介したいなぁ』と、思うことがありませんか?

でもAmazonアソシエイトのIDは、残念ながら世界共通ではないので、日本のAmazonのIDは使えない…

つまり、海外のAmazon.comの商品をアフィリエイト紹介したいときは、その国のAmazonアソシエイトに登録しなければならないということです。

みしゃく
みしゃく

こんにちは!ロンドン在住のWebライター、みしゃくです。

先日、イギリスのAmazonアソシエイトに登録してみたら、あっけないくらい簡単だったので、登録手順をシェアしたいと思います♪

スポンサーリンク

日本語のサイトでも海外のAmazonアソシエイトに登録できる!

海外のAmazonアソシエイトに自分のサイトを登録するとき、つぎのようなことが気になりますよね。

  1. 審査の厳しさはどうななのか?
  2. 日本語でコンテンツが書かれたサイトでも、登録可能なのか?
  3. 絡先や銀行口座は日本のものでも大丈夫なのか?
  4. 申請に英語力は必要なのか?

上記の疑問に、ひとつずつ答えていくと…

1.審査の厳しさは…登録したらすぐに承認されました!

2.日本語で書かれたサイトでも…登録できました!

3.連絡先や銀行口座は日本のものでも…大丈夫!通貨を選択するところに日本円、銀行口座の国の選択肢に日本もありました♪

4.申請に必要な英語力は…登録時の質問と答えの意味がわかって(Google翻訳でOK)、自分のサイトの説明文が英語で書ければ問題なし。

私が今回登録したのは、イギリスのAmazon.ukのアフィリエイトプログラムなので、アメリカの税務情報(Tax Information)の入力など、ちょっと違うところもあるようです。

ただ、基本的な流れはどの国でも同じだと思いますので、ご参考までに、私がイギリスのAmazonアソシエイトに登録したときの手順をご紹介しますね!

海外のAmazonアソシエイトへの申請手順

私がつい先日、イギリスのAmazonアソシエイトに登録したときの手順に、アメリカのAmazonアソシエイト登録の情報を織り交ぜつつ説明していきますね!

1.Amazon associatesのウェブサイトにアクセス

https://affiliate-program.amazon.comにアクセスしたら、右上のLocaleを登録したい国に変更して、『Join Now for Free』をクリック。

2.ログイン

Amazonのアカウントを持っている方は、同じログイン情報でOK。
まだアカウントを持っていない方は、『I am a new customer』をクリックして、新規にアカウントを作成しましょう。

3.登録情報をチェック

ログインすると、会員登録されている名前、住所、電話番号が表示されます。
内容に間違いがなければ、『The Payee listed above』をチェック。

(ほかの人がアソシエイトからの問い合わせ先になる場合は、『Someone else』をクリックして、その人の情報を入力)

4.支払い先の住所を選択

紹介料の支払先の名前、住所、電話番号を表示されrた住所から選択。
(別の住所を登録することも可能)

※このステップは、Amazonに登録住所が複数ある場合のみかもしれません。

5.ウェブサイトを登録

登録したいウェブサイトのURLを入力(コピペ)して、『Add』をクリックします。(左側のEnter Websiteの方)

すべて登録し終えたら、『Next』。

6.13歳以下向けサイトではないことを宣言

13歳以下の子ども向けコンテンツは、Amazonアソシエイトに登録できません。

13歳以下向けでなければ、『NO』をチェックして、『Confirm』をクリックします。

7.サイトのプロフィールを登録

  1. 好きなアソシエイトIDを入力
  2. 登録したサイトが表示されます
  3. サイトの紹介文を英語で入力
  4. サイトを表すのにもっとも適したトピック(カテゴリー)を選択
  5. サイトで紹介したい商品を選択
  6. サイトのタイプ(ブログなど)を選択

8.トラフィック&マネタイズ情報を入力

  1. サイトの集客方法を選択
  2. リンクをどうやって作っているのかを選択(CMS、Blogg editorなど)
  3. サイトが収入を得るために使っている方法を選択
  4. サイトの月間訪問者数を選択
  5. Amazonアソシエイトに参加する目的を選択
  6. Amazonアソシエイトのことを知ったきっかけを選択

9.(イギリスは)登録完了

表示されたアルファベットを入力(ロボットじゃありませんよー、のアレです)すれば、サイトの登録は完了です!

イギリスは、この時点でAmazonアソシエイトからメールがきて、すぐにトラッキングIDでアフィリエイトが開始できるのですが、アメリカはここでもうひと作業!

10.(アメリカは)本人確認

国番号から電話番号(日本の番号でもOK)を入力すると、画面にPIN(4桁の数字)が表示されるので、『Call Me Now』をクリック。

自動音声の電話(英語)がかかってくるので、指示にしたがってさきほどのPINを入力したら、本人確認の完了です!

英語の電話って聞くと、ちょっと緊張しますが、音声が途切れたところでPINを入力すればOKですよ^^

みしゃく
みしゃく

あとは、紹介料が発生したときのために、支払い情報の登録を残すのみ。

すぐに登録する必要はありませんが、面倒なのでいっきにやっちゃいましょう!

11.支払情報の登録

イギリスのAmazonアソシエイトは、ここで本人確認がありました。

といっても、電話番号を登録すると、SMSでPINが送られてくるので、それを支払い情報の画面に入力するだけです。

支払い方法は、つぎの2つから選択できました。

  1. 銀行口座振込
  2. Amazonギフト券

以前は現地の銀行口座への振込、小切手、Amazonギフト券しか選べなかったそうなのですが、今では対象52カ国への銀行口座へ振込が可能になったとのこと!

なんと!!支払い通貨として『日本円』、振込先として、日本の銀行口座も選べるんです!

Amazonギフト券を選択する場合は、ギフト券は世界共通ではないということに注意してくださいね。

たとえば、アメリカのAmazonアソシエイトからもらったAmazonギフト券は、アメリカのAmazon.comでしか使えません。

12.Tax Information(税務情報)の入力

アメリカのAmazonアソシエイトの場合は、ちょっと面倒な税務情報の登録作業があります。

イギリスや他の国でも、支払い情報のところで、『For U.S. tax purposes, are you a U.S. person?(例:アメリカ市民、アメリカ居住者など)』をYesにすると、記入することになると思います。

基本的に、このTax Informationのフォームは質問に答えていくだけなので、とくに面倒な内容の質問はありません。

念のため、アメリカの税務情報で聞かれる質問と、予想される答えをを書き出しておきますね。

  • For U.S. tax purposes, are you a U.S. person?⇒No.
  • Type of beneficial owner?⇒Individual
  • Country Of Citizenship⇒Japan
  • Full name⇒氏名を記入
  • Permanent address⇒住所があっているかチェック
  • Billing address⇒上の住所と同じなら、『Same as permanent address』にチェック
  • Are you an agent acting as an intermediary? ⇒No
  • Tax identification number (TIN)の質問⇒『I do not have a U.S. TIN or foreign(non-U.S.) income tax identification number』にチェック
  • Electronic 1042-S form⇒『I consent to electronic receipt of my information reporting documentation』にチェック
  • Electronic signature⇒『I consent to provide my electronic signature』にチェック

最後に、誓約のチェックボックスにチェックを入れて、名前、日付、メールアドレス、Capacity(個人ならIndividual)を記入して、Submit(送信)すれば完了です!

みしゃく
みしゃく

質問の答えは、日本に住む多くの人がこの答えになるだろうなぁ、という私の予測です。

実際に記入する際は、必ず、ご自身でも質問と答えの内容を確認してくださいね!

海外のAmazonアソシエイトに登録する方法のまとめ

はい!これで、海外のAmazon商品を心置きなく紹介できます(^^)

イギリスのAmazonアソシエイトからきたメールによると、売上が3回発生したら、サイトの内容のレビューを行いますとのこと。

国によっては、『◯日間売上がないと、アカウントが取り消しになる』というルールもあるようですが…『取り消しになっても、またすぐに登録すればいいじゃん』と海外のフォーラムには書かれていました(^^;)

日本のAmazonアソシエイト(←私は、申請したことがありませんが) は、審査が厳しいと噂で聞いていたので、本当に拍子抜け(^^;)

というわけで、以上、日本語の弱小ブログでも、海外のAmazonアソシエイトに簡単に登録できるというお話でした♪

コメント