海外在住フリーランスはTransferWiseを使わなきゃ損!【マイナンバーなしでお得に日本円送金】

フリーランス生活

日本の口座に支払われた収入を、できるだけお得に居住国の口座に送金したい!

って、日本のクライアントがいるフリーランスあるあるではないでしょうか?
せっかく稼いだお金が、手数料やら換金レートやらで、がっつり減るのは悲しいですもんね。
さらに、海外在住者には、マイナンバーがないと日本からの送金ができないという壁も…。

結論
みしゃく
みしゃく

こんにちは。主に日本のクライアントから日本円で収入を得ている、ロンドン在住 Webライターのみしゃくです。

ちょっと前まではCAが本業の傍らWebライターだったので、日本円収入は里帰りのときの豪遊費くらいに考えていたのが、思いがけずライター業が本業になってしまいまして…

日本の口座⇒イギリスの口座に毎月海外送金をする必要がでてきました。

とりあえず、マイナンバーなしでOKのPayPalで何度か送金したのですが、

『受け取る金額がめっちゃ少なくなってるーーー!働き損ーーー!!』

でもマイナンバーないし、国際キャッシュカードはいつの間にかサービス終了しているし…え?PayPalでも安い方なの?と、絶望!!というところに、救世主TransferWiseに出会いました。

『日本からの送金にはマイナンバーの登録が必要』と書かれているブログもありますが、海外在住者(非居住者)のための救済措置があります!

すでに4回ほど日本⇒イギリスの送金をしましたが、もっと早く使わなかったことを後悔… !

日本円で収入がある海外在住フリーランスなら、使わなきゃ本当に損です!

ということで、今回は、海外在住者がマイナンバーなしで登録する方法やTransferWiseの使い方などを、まるっと解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

Transferwiseと他の海外送金サービスは何が違う?

海外送金って、『手数料無料』をうたっていても、実際は為替レートが上乗せされていたり、為替レートがよくても銀行のように手数料が何千円もしたり…

見えない手数料がたくさんで、ネットの為替レートで自分で計算した金額より、受取額がかなり少なくなりますよね。

その点、TransferWiseは、Googleなどで見られる『リアルタイムの為替レート+手数料』という、透明過ぎるほど透明なシステム!

例えば、今、10万円をイギリスの口座に送金したとすると…

為替レート手数料受取金額差額
TransferWise0.00738¥939£730.97
三井住友銀行0.00730¥6,000£686.20 -£44.77
PayPal0.00700¥500£696.50-£34.47

TransferWiseの圧勝です!
もちろん、海外⇒日本の海外送金でも、同じシステムなのでお得ですよ。

実は私、育英会の奨学金を返還するために、長年イギリスからPayPalで日本の口座に送金を続けてきたのですが…いったい、いくら損したのでしょうか?(;_;)
(当時はTransferWiseがなかったというのが、せめてのも救い…)

TransferWiseはどうして安いの?

でも、どうしてTransferWiseがそんなに安いのか気になりますよね?

その答えをひとことで言うと、お金が国をまたいでいないからです。

通常、銀行で海外送金をするときには、A国銀行⇒B国銀行というように、お金が国をまたいで移動するので、『海外中継銀行手数料』が発生。これが高い。

というわけで、手数料も時間もかかってしまいます。

ところが、TransferWiseは、

日本の私の口座⇒TransferWiseの日本の口座
Transferwiseのイギリスの口座⇒私のイギリスの口座

という風にお金が移動します。Transferwiseの日本の口座とイギリスの口座間での移動はありません。

国内の口座間の送金のみでサービスが完結されるので、安くて早い海外送金が可能なのです。画期的ですよね!

マイナンバーなしで日本から送金するための条件

TransferWiseの公式サイトをみると、
『日本円からの送金にはマイナンバー関連書類の提出が必須』
と書かれています。

えーーー!やっぱりマイナンバーないとダメなのぉ?

と、あきらめるのはまだ早いですよ!
実は、マイナンバーを持っていない非居住者のための、救済措置が用意されています。

その条件は…

  • 非居住者の宣言をすること
  • 日本国籍をもっていること
  • 日本に郵便物を受け取れる住所があること

私が登録した2019年3月には、公式サイトに上記が詳しくが明記されていましたが、いつの間にやら削除されていました。(カスタマーサービスに問い合わせをして、まだマイナンバーなしの非居住者でもOKなことは確認済み・ 2020年4月時点)

この先、規制が厳しくなって、この救済措置すらなくなる可能性も否めないので、早めに登録しておきましょう!

マイナンバーなしでTransferwiseに登録する手順

a href="https://prf.hn/click/camref:1011l7xu4/creativeref:1100l34229">

私が、マイナンバーなしでTransferWise登録したときの流れをご紹介します。ひとによって、2〜5の順番は前後するかと思いますが、必要なステップは同じです。

1. Transferwiseに登録(簡単!)

メールアドレスと自分で決めたパスワードを入力。
メールアドレスの確認メールが届くので、確認ボタンをクリックしたら登録完了!

※このまますぐに、送金のリクエストから始めてもOKです。

2. 個人情報の入力

TransferWiseのアカウントにログイン。
右上にある、アカウントのアイコンから、名前、生年月日、住所、電話番号を入力して、プロフィールを作成します。

日本から海外に送金をしたい場合は、日本の住所を登録しましょう。電話番号は、海外の番号でも大丈夫です。

3. 非居住者の宣言

日本から送金をする場合、本人確認・マイナンバー関連書類のアップロードが必要になります。

しかしここで、『現在、日本に居住していない』を選択し、非居住者の宣言に同意することで、マイナンバーの提出が免除されるんです。

みしゃく
みしゃく

最近登録された方からのコメントで、

「マイナンバー・非居住のDeclarationは、パスポートの写真、自撮り写真をとったあとぐらいで、選択するボタンが出てきました。」

という、最新情報をいただきました♪(2020年6月現在)

4. 簡易書留による住所確認 ※変更あり

非居住者の宣言に同意すると、『簡易書留による住所確認しますか?』というページに進むので、『続行』をクリックします。

ーーーー以下は、2020年3月以前の情報になりますーーー

そうすると、登録した日本の住所に、4桁のアクティベーションコードが書かれた簡易書留が発送されます。(転送不可)

私のときは、翌営業日にはTransferwiseからメールで、『書留を発送しました』というお知らせが来ました。

みしゃく
みしゃく

申込者多数のため、現在は125,000円以上の送金の場合にのみ本人確認を実施しているとのことです。(←変更の可能性あり)※2回目以降の送金には必須です。

届いたアクティベーションコードを入力すれば、住所確認は完了です!

2020年4月からの変更点!

2020年4月から、海外在住者への郵送による住所確認がなくなり、オンラインでの本人確認に移行したとTransferwiseより連絡をいただきました。

日本円からの送金手続きを作成すると、4桁の認証コードが表示(発行から30分間有効)されます。

このコードと顔写真付き身分証がはっきり見える自撮り写真を、30分以内にアップロードすればOKです!

5. 本人確認書類のアップロード

日本のパスポートの最後のページに、TransferWiseに登録した日本の住所を日本語で記入して、顔写真ページと住所のページをアップロードします。
※住所確認に使われるので、必ず郵便物を受け取れる住所(私は実家)にしましょう。

パスポート以外にも、運転免許所などでも受け付けられます。

非居住者の本人確認として使えるもの
  • 日本のパスポート(顔写真ページと所持人記入欄・日本語で住所を記入)
  • 運転免許所(両面)
  • 住民台帳基本カード(両面)
  • 運転経歴証明書(両面)

Transferwiseで日本円を海外送金をする手順

TransferWiseの使い方は、本当に簡単なので説明するまでもないのですが一応…

  1. アカウントにログイン。
  2. 『送金する』のアイコンをクリックすると、送金金額のシュミレーターが表示されるので、通貨と金額を入力して、『送金手続きへ』をクリック。
  3. 送金理由を選択し、送信先の口座情報を入力、入金方法を選択(ほとんどの方が銀行振込)すると、Transferwiseの口座情報が表示されます。
  4. 入金して、『銀行振込が完了しました』をクリックすれば完了です。

※あとで振込手続きをしたい場合は、『後で送金する』を選べばOKです。

着金予定日も、最初の送金シュミレーターでチェックできます。私は、いまのところ毎回、同日か、翌営業日に着金!(営業時間内なら1〜3時間後には着金しますよ!!早ッ!)

Transferwiseに入金するときの注意点

簡単づくしのTransferwiseですが、一点だけ注意点があります。

Transferwiseの口座に振り込むときに、振込人名義を『ナマエ P12345678』という感じで、『登録名+Transferwiseの会員番号』に変更することを、絶対に忘れないようにしましょう!!
これを忘れると、誰が入金したのかがわからず、突き止めるまでに時間がかかってしまいます。

ちなみに、Transferwiseの日本の口座は三菱UFJ銀行です。三菱UFJの口座を持っている人は、振込手数料まで節約できて◎

マイナンバーが厳しくなる前に行動すべし!

今回は、海外在住者にイチオシの海外送金サービス、TransferWiseをご紹介しました。

海外在住の日本人の場合、マイナンバーがなくても3つのステップをすることで、マイナンバーの提出が免除されます。

  • 非居住者の宣言をする
  • 日本の住所が書かれた日本のパスポートのコピーなどの本人確認書類を提出する
  • 日本の住所に簡易書留で送られたアクティベーションコードで住所確認をする

私は、今年の3月に登録して、4か月連続、いままでのところ計4回利用していますが、本当に安くて、早い!

クラウドワークスやランサーズを使っている海外在住Webライターさんだと、20%の手数料を引かれて、銀行口座への振込料を引かれ、さらに海外送金手数料…って、もう泣きたくなりますよね。

私は、ほぼ100%日本のクライアント相手に仕事をしているので、いかに安く日本⇒イギリスへ送金できるかは死活問題です。

いまのところ、TransferWiseはマイナンバーなしの非居住者にも対応してくれていますが、この先、どうなるか分かりません。

今すぐ使う予定はなくても、今のうちに本人確認・住所確認まで、済ませておくと安心ですよね。

TransferWise公式サイト↓。(英語になっていますが、画面右上の言語選択で日本語に切り替えられます♪)

ちなみに、招待リンク経由で登録すると、初回、£500の送金分までの手数料が無料になります。周りにTransferWiseを使っている人がいれば、ぜひ招待リンクを送ってもらいましょう。

『TransferWiseを使っている知り合いがいない…でも、どうせなら得したい!』というは、、私の招待リンクをどぞ☆

コメント

  1. Yuki より:

    アメリカ在住2年目の者です。育児のため務めていた現地の会社を退職し、フリーランスで翻訳などのお仕事を始めたのですが、送金方法についてとても悩んでいました!みしゃく様のブログを通してTransferWiseのことを知り、また無事に送金できました!助かりましたー!ありがとうございました!!
    住んでいる国は違いますが、同じ海外在住日本人として頑張りましょうねー⭐︎

    • Misiak(みしゃく) Misiak(みしゃく) より:

      Yukiさん、
      コメントありがとうございます!
      お役に立てて、うれしいです!!
      わたしもずっとTransferWiseはマイナンバーがないと日本から送金ができないと思っていたので、マイナンバー無しでOKと知った時は小躍りしました^^

      はい!海外在住だと、なにかと不便なことも多いですが、お互いに頑張りましょう(^^)

  2. Maha より:

    こんにちは!
    わかりやすくまとまったサイトで見やすく、拝見しています。日本のクライアントさんから、お支払いを受けるときには、日本国内の銀行口座(個人名義でしょうか?)宛に受けているということでしょうか。海外居住日本人で、日本国内に銀行口座がない場合、それでもTransferwiseで受け取ることができますか?
    よろしくお願いします。

    • Misiak(みしゃく) Misiak(みしゃく) より:

      Mahaさん、

      コメントありがとうございます!

      基本的には、日本のクライアントからは、日本の銀行口座への振込になるかと思います。

      私も、幸い日本に銀行口座を1つキープしていたため(海外在住であることは、支店に連絡済み)、報酬は全て日本の口座に入金していただいています。
      クラウドサービスでは、唯一PenyaがPaypalへの送金が可能です。

      日本の銀行口座をお持ちではない場合は、クライアントとの交渉次第ではないでしょうか?

      日本の銀行も、マイナンバーが厳しくなっているようなので、海外在住者は肩身が狭いですよね…。

  3. マナ より:

    カナダ在住のフリーランス翻訳者です。有益な情報が満載で本当にありがたいです。

    仕事や家庭の状況および実家の老親の状況を考えると、マイナンバー取得だけのために、日本に長期滞在するのも難しく、日々頭を悩ませていました。そしてこうやって悩んでいる間にもマイナンバーが厳しくなってきています。

    私も運よく、日本に銀行口座をキープしていたため、これまではある程度まとまった金額になったのを見計らって、銀行でオンラインによりカナダの口座に自分で海外送金をしていました。そして同時に多額の送金手数料を払ってきました。。

    マイナンバー対応として、日本側のクライアントは、海外送金にも対応し始めています。しかし、Transferwiseの口座をクライアントが開設しなければ、私のTransferwise口座には送金できないのでしょうね? これがクライアントとの交渉次第とおっしゃる理由でしょうか?

    • Misiak(みしゃく) Misiak(みしゃく) より:

      マナさん、

      コメントありがとうございます!

      私も、マイナンバー取得のために帰国は非現実的なので、いつか日本の銀行口座が凍結なんていうことになったら…!と、なにかほかの報酬受取手段を確保しておきたいと模索中です。

      クライアントが海外送金に対応してくれているなんて、羨ましい限り!!
      私の周りでは、まだ日本の銀行口座のみというところがほとんどです:( 
      Transferwiseはふだんから海外送金をする方でなければアカウントを持っていない確率が高く、銀行口座に送金→Transferwise で送金という、通常の報酬振込みより一手間多いので、理解のあるクライアントでないと渋られるのではないかと想像しています…。

      銀行からの海外送金よりは手数料が安いとはいえ、報酬が毎回少し減るのは地味に痛いですよね(^^;)
      できるだけレートの良いときに送金しようと、毎日チェックしています:)

      • マナ より:

        みしゃくさん、

        先月はご返信の書き込みありがとうございました。

        あれからクライアントにTransferwiseの対応の有無を尋ねたところ、どこも未対応とのことでした。理由は、みしゃくさんのおっしゃるとおり、「一手間かかる」うえ、Transferwise自体がまだ新しいサービスなので、日本企業にまだ普及していないのでしょうね。ペイパル対応の企業も数社中1社のみでした。

        しかし、どのクライアントもすべて海外送金に対応してくれますし、どこも日本側の送金手数料をクライアントが負担してくれるとのことでした。しかし手数料額も安くはないので、「3ヵ月に一回のお支払いなど、数か月まとめて海外送金する」とか「10万円以上など、ある特定の金額になったら海外送金する」という対策を取っているようです。

        今後、マイナンバーの規制がより厳格になるうえ、外国人労働者も増加しているようですので、海外送金対応のクライアントも増えるかもしれません。数年前に比べて、クライアント側も対応を迫られている印象を受けました。

        みしゃくさんも、各クライアントさんに再度尋ねてみてはいかがでしょうか?

        • Misiak(みしゃく) Misiak(みしゃく) より:

          マナさん、

          有益な情報をありがとうございます!!

          なんと!海外送金の手数料をクライアントが負担してくれるなんて…素晴らしいですね。
          私のクライアントのほとんどは、基本的に日本の口座への振込のみ、1社だけPayPal対応(手数料はこちらが負担)でした。
          (個人的に良くしていただいているクライアントは、お願いすれば、おそらく特別に海外送金の対応をしてくれるかも←未確認)

          マイナンバーの規制強化は不安ですが、なんとかなることを期待します(^^)

  4. maf より:

    TransferWiseの事は前から知っていのたですが、マイナンバーがなくても登録ができると言う情報は初耳でしたので、早速こちらの紹介リンクからTransferWiseに登録させていただきました。
    現在でも、日本非居住者の場合はマイナンバーなしで登録可能でした。
    実家に住所確認のコードが着くのを待機中です。

    有益な情報をありがとうございました!

    • Misiak(みしゃく) Misiak(みしゃく) より:

      mafさん、

      コメントありがとうございます。
      TrasnferWiseのカスタマーサービスに、マイナンバーの件を確認してから6カ月以上経過したので、そろそろまた確認しなきゃかな?と思っていた矢先のご報告、非常に助かります(^^)

      実はわたしも、他のブログかSNSで、TransferWiseを利用するのにはマイナンバーが必要と書かれてあったのを鵜呑みにしていまして、大丈夫だと知ったときには小躍りしました〜!

      少しでも同じような状況の方のお役に立てれば幸いです!

  5. アツコ より:

    イギリス在住です。日本への安い送金方法を探していました。TransferWiseの事は気になっていたのですがIDとかのアップロードでめんどくさいと思っていましたがあなたのブログで勇気づけられました。ブログのおかげで準備とか下調べもできて登録もスムーズにできました。登録から2日めには送金が終了したとのEmailが来ました。あなた様の招待リンクから登録しましたのでわずかな手数料でした。本当に早くて安く送金できて安心しました。どうも有益な情報ありがとうございました。

    • Misiak(みしゃく) Misiak(みしゃく) より:

      アツコさん、

      コメントありがとうございます!
      微力ながらお役に立てて光栄です^^

      ロックダウンが延長されましたが、お互いに頑張りましょうね!!

  6. 山田 より:

    現在はマイナンバーなしだと送金できなくなってますよね?

    非居住者の宣言をする画面などがなくなっているように思います。

    私の勘違いだといいのですが。

    • Misiak(みしゃく) Misiak(みしゃく) より:

      山田さん、

      コメントありがとうございます!
      こちらのコメント欄では、今年の2月まではマイナンバー無しで登録できたという情報が確認できていますが…ついに、変更になってしまったのでしょうか?!

      さきほどTransferWiseに確認のメールを送ったので、返事が届き次第アップデートしますね。

    • 山田 より:

      自己レス

      すみません、非居住者の画面ありました。
      Helpから飛ぶんですね。
      お騒がせしました。

      • Misiak(みしゃく) Misiak(みしゃく) より:

        山田さん、

        よかったです^^
        (どうやら登録画面が、変更になっているようですね。)

        いつかマイナンバーの規制がもっと厳しくなるのではないかと心配しているので、現在でも非居住者に対応しているとの情報がいただけるのは助かります!

  7. みんせい より:

    みしゃく様
    初めまして、みんせいと申します。
    トランスファーワイズの記事大変参考になりました。
    読解不足なところがありいくつか質問させてください。
    まだ送金予定はないので、アカウントだけ先に開設したいのですがそのような事は可能でしょうか?(現在日本在住です)
    郵送による住所確認が無くなったようですが、送金手続きを終えた後にアクティベート番号が表示されるという事はどこかしらに送金作業は行わないとダメなのでしょうか..?
    また、125000円以上の送金の場合は本人確認が必要との事ですが、初回の振込額という認識で合ってますか?
    2回目以降に125000円を超えてしまうとどうなるのかもしわかれば教えていただけますと幸いです。
    オンラインバンキングも最近始めたばかりの人間なので、くだらない質問で申し訳ありません。
    お手すきの時に教えていただければと思います。

    • Misiak(みしゃく) Misiak(みしゃく) より:

      みんせいさん、

      コメントありがとうございます!
      個別のケースに関しては、TransfweWiseに問い合わせ(メール)をされるのが一番正確かとは思いますが、私のわかる範囲で返信させていただきますね。

      >まだ送金予定はないので、アカウントだけ先に開設したいのですがそのような事は可能でしょうか?

      私は、先にアカウントだけ作りました。
      (実際には、アカウントの解説はメールアドレスだけでできてしまいます。その後、送金時に必要になる個人情報などの入力や本人確認・住所確認書類のアップロードは、事前にすることも、送金手続きのときすることも可能だと思います。)

      >郵送による住所確認が無くなったようですが、送金手続きを終えた後にアクティベート番号が表示されるという事はどこかしらに送金作業は行わないとダメなのでしょうか..?

      おそらく、必要になるまでは表示されないのではないでしょうか?

      >125000円以上の送金の場合は本人確認が必要との事ですが、初回の振込額という認識で合ってますか?

      はい、初回の送金額です。2回目以降は、金額に関わらず必要です。
      ※ただし、マイナンバーなしの海外在住者の場合は、初回から必要になるかもしれません。
      ※本人確認書類・住所確認書類・マイナンバー書類などのアップロードは初回から必要です。

      >2回目以降に125000円を超えてしまうとどうなるのか
      2回目以降は、金額に関わらず、PIN・自撮りによる本人確認が必要だと思います。

      ご参考までに、Transferwiseのお問い合わせ先を貼っておきますね!
      日本語での電話はお休み中ですが、メール(日本語)での問い合わせが可能です。

      https://transferwise.com/ja/help/contact

      • みんせい より:

        みしゃく様
        みんせいと申します。
        お忙しいところ、早速ご返信いただきありがとうございます。
        アカウントのみ先に開設できるとの事で安心いたしました。
        また、トランスファーワイズのお問い合わせ先も教えていただきありがとうございました。
        まずはアカウントの開設をしてみようと思います!

        • Misiak(みしゃく) Misiak(みしゃく) より:

          いえいえ、こちらこご連絡いただきありがとうございます!
          私が登録した頃(といっても去年ですが…)から、いろいろと変わっているようで、バシッと断言したお答えになっていなくて申し訳ありません(^^;)

          同じ個人情報・住所情報では新たにアカウントを登録して試すことができず、こちらでいただく皆さんからのコメントを頼りに記事をちょこちょこアップデートしているので、コメントをいただけるのは大変助かります^^

  8. しんび より:

    みしゃくさん、

    同じくイギリス在住のものです。とても詳しい説明を&コメント欄での随時アップデート情報をありがとうございます。招待リンクを使わせていただき登録だけさせていただきました。私も日本での収入が主であり、海外送金手数料を節約するため、年末の帰国のたびに100万円相当のポンドを現金で持ってきていましたが、普段持たない大金を持っての移動は心臓に悪く廉価な海外送金方法を探していました。

    なお、マイナンバー・非居住のDeclarationは、ヘルプではなく、パスポートの写真、自撮り写真をとったあとぐらいで、選択するボタンが出てきました。あとは日本の銀行の振込手続きをするだけです。(日本の銀行は三井住友なので440円の振込手数料が悔しいです・笑)

    • Misiak(みしゃく) Misiak(みしゃく) より:

      しんびさん、

      コメントありがとうございます!

      私も他銀行なので、毎回の振込手数料が…
      日本のRevolutの口座が持てれば、日本のRevolut→UKのRevolutで送金するのがお得そうだなと思うのですが…日本のRevolutにはマイナンバーが必要らしく実現できずです(^^;)

      >マイナンバー・非居住のDeclarationは、ヘルプではなく、パスポートの写真、自撮り写真をとったあとぐらいで、選択するボタンが出てきました。
      最新情報、助かります!!さっそく追記しておきますね。