外資系エアラインの客室乗務員に必要な英語力は?【まずはTOEIC800を突破しろ。話はそれからだ。】

キャリア英語

タイトルが偉そうでスミマセン!でも…

外資系エララインのCA(客室乗務員)になるために、必要な英語力はどれくらい?
という疑問に答える前に、

『外資系エアラインを受験するなら、まずはTOEIC800をゲットするべき!』

と、声を大にしてお伝えしたいんです!

みしゃく
みしゃく

こんにちは。ロンドン在住のWebライター、みしゃくです。
日本の大学在学中から外資系エアラインの応募を始めましたが、書類審査だけは一度も落ちたことがありません!

今回は、外資系エアラインのCAを目指すなら、まずはTOEIC800をゲットするべき!
という理由や、おすすめの勉強方法を説明していきたいと思います。

実際にトレーニングや乗務で必要な英語力もあわせて、私自身の経験をシェアしていきますね!

スポンサーリンク

外資系CAを目指すならTOEIC800レベルを目指すべき理由

JALやANAなどの国際線なら、英語力はTOEIC600くらいが目安、という話を聞いたことがあります。

でも外資系、なかでも欧米系、アジア系でもキャセイなどの英語力重視のエアラインを受験するなら、TOEIC800以上を取っておくと有利です!

というのも、以前、某欧州系エアラインの採用担当者(日本採用)に、

『膨大な応募書類に本当に全部目を通しているの?』

という質問をしたところ…

『まさか!無理無理!!』

という返事が。まぁ、そうですよね…。

では、応募書類のどこを見て面接に呼ぶかどうかを決めるのか?
ざっくりいうと、英語力50%、応募写真50%
英語力は、TOEIC800以上を目安にしているそうです。

応募書類に写真が含まれないエアラインの場合、さらに英語力が占める割合が大きくなることは想像できますよね。

とにかく書類審査を通過しなければ、何も始まりません!

もちろん英語の検定資格は、TOEICじゃなくてもOKです。
ただ、試験にチャレンジできる回数の多さや、採用担当者への知名度の高さを考えると、一番手っ取り早く英語力をアピールできるのはTOEICでしょう。

TOEIC L&RとS&W、どっちがおすすめ?

TOEIC L&Rにはスピークングのテストが含まれないので、『ハイスコアでも英会話ができない』、『TOEICでは英会話力が測れない』、とよくいわれていますよね。

そこで最近注目されているのが、スキーキングとライティングをテストするTOEIC S&Wです。
実際にエララインで働くことになると、重視されるのは会話力。

じゃあ、S&Wを受けておいた方が有利?と聞かれると、そうでもありません。

理由は、TOEIC S&Wのスコアの見方に慣れている採用担当者がまだ少ないからです。

やはり、従来の990満点方式(L&R)のほうが馴染みがあるので、まずはTOEIC L&Rで800以上、S&Wは会話力をアピールしたい場合のプラスアルファと捉えておく方が無難でしょう。(どちらにしても、英語面接で英会話力はテストされます。)

最短でTOEICのスコアアップを目指す勉強法2選

TOEICのスコアを短期間でアップさせるためのおすすめの勉強法を2つご紹介します

1.問題集で模擬試験をしまくる!

これは、私がTOEICを受ける前にいつもしていた勉強法です。

こんな人におすすめ
  • すでに、ある程度の英語力がある方
  • TOEICを受けるのが初めての方

私はずっと英語が得意教科だったので、英語にはそこそこ自信があり…

まったく対策なしで大学時代に初めてTOEICを受けたときのスコアは640…

たしかに、時間配分もうまくできず、問題を最後まで解くこともできなかったのですが、800は超えるだろうと思っていたので地味にショック…!

さっそく、過去問題集で模擬試験を何度かしてから2か月後に再度受験したところ、いっきに870点にアップ!

この勉強方法のポイントは、ダラダラ問題を解くのではだめです。つぎのルールを徹底しましょう。

  • 試験本番と同じ時間制限で行うこと
  • 途中でわからないところがあっても、解説を読むのは後回し
  • タイムオーバーになったら、いったんそこでテストを終了してスコアを計算
  • その後、残りの問題や、間違えた問題の見直しをしていく

この方法は、英語力を伸ばすというよりも、TOEICの出題傾向や時間配分に慣れることでスコアアップを目指すのが目的です。
ある程度英語力がある方のテクニック磨きや、現在のレベルを把握するのにおすすめします。
※2016年5月から出題形式が新しくなっているので、新形式に対応している問題集を選びましょう。

2.アプリで効率よく学習する

模擬試験で600点を超えないという方は、基礎英語力を底上げする必要があります。

TOEICのパート別や、レベル別の参考書や問題集はたくさん売られていますが、あれもこれもと買っていると、けっこうな出費になりますよね。

それに、重たい問題集を持ち歩くのも大変…結局、買うだけで満足して続かないという方がほとんどではないでしょうか?
そんな方には、アプリで効率よくTOEIC対策するのがおすすめです!

私の妹が利用して250点のスコアアップをした神アプリは、スタディサプリ ENGLISHのTOEIC対策コース。
妹は、ロンドンのワーホリ帰りでTOEICを受験したのにスコアは600に届かず…

自己流で勉強を続けるも、なかなか効果が出ず。小さい子供2人の育児との両立で、まとまった学習時間もとれない…と、時間ばかりが過ぎていき…

『これでは、英語を使った仕事は夢のまた夢だ!』と、CMで見かけたスタディサプリでスキマ時間勉強を始めたところ、なんとTOEICで840をゲット!

念願の英語を使う部署への異動が叶いました!

スタディサプリ ENGLISHは、妹のように時間がない方でも、スキマ時間で続けられるのが魅力です。

対応レベルも、初級者から900以上を目指す上級者までOK!

7日間の無料体験があるので、まずは無料で試してみましょう♪

外資系エアラインの英語面接に必要な英語力は?

スコアが大切なのは、書類選考まで!
外資系エアラインの英語面接は、『コミュニケーション力』で勝負です。

英語がペラペラじゃなくても、うまくコミュニケーションが取れれば十分カバーできます。

面接で聞かれる質問の多くは、『定番の質問』なので、事前に想定Q&Aを何度も練習しておけば大丈夫!

質問の意味がわからなかったときは、適当に答えたり沈黙せずに、きちんと聞き返すことも大切ですよ。

また外資系では、採用試験にグループ面接を取り入れていることろも珍しくありません。
細かい文法の間違いを気にして黙っていると、せっかくの自己アピールのチャンスを棒に振ってしまいます。
TOEIC800程度あれば、英語の基礎力は問題ないので、あとは格安のオンライン英会話などを利用して、とにかく英語を話すことに慣れておきましょう。

オンライン英会話の中でも特に安くて人気なのは、DMM英会話ネイティブキャンプです。

どちらも入会金や解約金がないので、英語面接前の1か月に集中して練習しまくるというのもあり!もちろん、模擬英語面接の相手もしてくれますよ。

『DMM英会話とネイティブキャンプ、料金もほとんど同じだし、どっちがいいのかな?』と迷っている方は、2社の特徴を比較したこちらの記事も読んでみてくださいね。

外資系エアラインで実際働くのに必要な英語力は?

外資系エアライン入社後は、どれくらいの英語力があれば大丈夫なのかというと…

私は、TOEIC980・英検1級で入社しましたが、それでも全然足りませんでした(泣)

入社後のトレーニングも、トレーニングの内容自体は日本の受験勉強を経験している私にとっては、屁の河童、だったのですが…

トレーニングや試験はすべて英語。ネイティブスピーカーやネイティブ並みに英語がうまい外国人に囲まれてのトレーニングなので、必死に勉強しました。
(でも、頑張ればなんとかなります!)

乗務を開始してからも、ちょっとした英語がとっさに出てこなかったり、『◯◯(同僚の名前)見かけた?』と聞かれて、『今さっきここを通り過ぎたわよ〜』と言おうとして、うっかり『He has just passed away.(◯◯はたった今亡くなったわよ。)』と言ってしまい、ギャレーが凍りついたり…(苦笑)

『え?TOEIC980でも、その程度なの?』と思われたかもしれませんが、はい、その程度なんです(恥)

それでも、なんとかなったのは、やはり『コミュニケーション力』のおかげかな?と思っています。

客室乗務員の仕事は、基本的に毎回違うメンバーとチームとして働きます。とくに新人の頃は、2人でペアになってひとつのセクションを担当するので、英語力よりもうまく意思疎通ができるかどうかが大切なのです。

とはいえ、お客様からの苦情に、ネイティブの同僚が気の利いたフレーズで対応しているのを見て、『より良いサービスを提供するためには、英語力をもっと磨かなければなぁ…』と痛感することもしばしば。採用されてからも、日々精進です。

まとめ

今回は、外資系エアラインの客室乗務員に必要な英語力について書いてみました。

応募〜乗務までの、乗務員に必要な英語力をまとめると…

  • 英語力重視の外資系エアラインに応募するなら、TOEIC800以上を目指すべき
  • 英語面接の質問への受け答えは、事前に想定Q&Aで練習しておけばなんとかなる
  • オンライン英会話などで、できるだけ英語を話すことに慣れておく
  • 英語力不足は、コミュニケーション力でカバーできる

英語力は高いに越したことはありませんが、客室乗務員の仕事上でどちらが重要かと聞かれたら、私は迷わずコミュニケーション力と答えるでしょう。

実際に、英語が苦手だけど、コミュニケーション力と周りに慕われる人柄で出世した、日本人の先輩クルーもいます!

ただし、そのコミュニケーション力をアピールするためには、まずは書類審査を突破しなければなりません。

TOEIC800レベル以上の資格で書類審査通過のチャンスを高めて、あなたの魅力を直接面接官に伝えましょう!

コメント