【住所証明なしで開けるイギリスの銀行口座】おすすめRevolutとMonzoを徹底比較

英国生活

日本人に限らず、イギリスに来たばかりの方がまず苦戦する作業が『銀行口座の開設』ではないでしょうか?

とくにワーホリの方は、仕事探しをスムーズにすすめるためにも、できるだけ早くイギリスの銀行口座番号を入手しておきたいですよね。

ただ問題は、必要書類である『住所証明』が手に入らないこと。

私も昔、住所証明のために奔走したり、妹がワーホリでロンドンに来たときには、せっかく準備した正式な賃貸契約書があえなく却下されて銀行にクレームしたり、何度も銀行に足を運んで苦労したなぁ…なんて懐かしんでいたら…!

なんと最近は、アプリで簡単にイギリスの銀行口座が開けてしまいます!!

住所証明は不要、銀行に行く手間もなしです。

みしゃく
みしゃく

こんにちは、ロンドン在住のフリーライター、みしゃくです。
今回は、住所証明なしで開けるイギリスの銀行口座として特に人気が高いスマートバンク(オンラインバンク)、RevolutとMonzoを比較してみました。

はじめは『スマートバンク(オンラインバンク・モバイルバンク)なんて、なんだか怪しい…』と、思いっきり疑っていたのですが、実際にはRevolutもMonzoも、イギリス人でもメインバンクとして利用する人がいるほど話題のサービス。

なんで銀行口座開ける人も使うの?と疑問に思うかもしれませんが…

RevolutもMonzoも、キャッシュバックやディスカウントなどのキャンペーンをよく実施しているので、普通の銀行のデビットカードで支払うよりお得なことが多いんです♪

ちなみに私は両方のアカウントを持っています(^^)

イギリスについたら、とりあえずこの2つのどちらかでイギリスの銀行口座をゲットしておけば、まず間違いないでしょう!

とはいえ、この2大スマートバンク、一見どちらでも同じように見えますが、実はちょこちょこ違いがあります。

そこで、住所証明なしで開設できるスマートバンク、RevolutとMonzoのサービス内容を比較してみました。

イギリスに来たばかりの方や、これから渡英する方の、少しでも参考になればうれしいです。

では、RevolutとMonzo、それぞれのサービス比較をしていきます!

スポンサーリンク

住所証明不要の銀行口座・RevolutとMonzoのサービス比較

まずは、RevolutとMonzoのスタンダード口座(無料)の主なサービスを一覧で見比べてみましょう。

どちらも有料の口座のオプションがありますが、イギリスで普通に生活するなら、無料の口座で十分だと思いますよ。

※2020年10月31日より、MonzoのATM手数料とカード再発行手数料が変更になります。


RevolutMonzo
口座維持費無料無料
カード発行手数料£4.99*無料
(再発行は£5)
イギリスの口座番号
EURO IBAN 口座
コンタクトレス決済
イギリス国内ATM手数料£200/月まで無料(その後は手数料2%)£250/30日まで無料(その後は手数料3%)
※2020年10月31日から適用
イギリス国内の送金手数料無料無料
海外でのATM手数料£200/月まで無料(その後は手数料2%)£200/30日まで無料(その後は手数料3%
※EEA圏内は、UK内と同じ扱い
海外でのデビットカード利用手数用£5,000/月まで手数料0.5%無料
海外送金・29通貨に対応
月に£5,000月まで無料
TransferWiseと提携
口座への入金(トップアップ)・24通貨に対応 
・月に£5,000月まで無料
クレジットカードで入金可能
※現金、小切手での入金は不可
・口座振込、小切手、現金(※手数料あり)
クレジットカードでの入金不可
Apple Pay、Google Pay
その他・仮想通貨に対応
・バーチャルデビットカード対応
・アプリの言語は日本語選択OK
・£85,000まで貯蓄の保証あり
・アプリの言語は英語のみ

どちらも、イギリスの銀行口座やデビットカード番号がもらえるのは同じなので、お給料の受け取りや携帯電話など月々の支払いを自動振替(スタンディングオーダー)に設定は、まったく問題ありません。

みしゃく
みしゃく

Revolutは、カードの送料が£4.99かかるのがちょっとネックですね。

ちなみに私は、「別にカードはなくていいや」と、Revolutの口座を開設してからもしばらくカードの申込みをしなかったら、Revolutから「送料無料ならどうですか?」というメールが来たので申込みました(^^)

RevolutとMonzoの登録方法

口座開設のおおまかな流れは、だいたいこんな感じです。↓

スマホでアプリをダウンロード

電話番号もしくはメールアドレスを入力、名前などの個人情報を入力

パスポートと滞在資格(ビザ、BPRなど)をアプリ上からアップロード

動画撮影
ライブかと勘違いしてちょっと照れましたが、アプリの指示にしたがって、数秒間顔を撮影するだけでした(^^;)

(Monzoは、画面に表示された英文を読まされます。)

申請完了!

もう、あっけないくらい簡単でした。

住所証明は不要で、登録する住所も郵便物が受け取れる住所なら友達の家などでもOK。

電話番号は、私はイギリスのを登録しましたが、国番号を選べるので、イギリス外の番号でもテキストを受け取れる番号なら大丈夫だと思いますよ。

Revolutはカードをオーダーする前に、ミニマム£10のトップアップが必要です。(この£10は、あとで使ってOK。)

Monzoは、とくに最初のトップアップは必要なく、カードも自動的に送られてきます。(2〜3日で届きました。)

では、それぞれのモバイルバンクの特徴やメリット・デメリットを見ていきましょう。

Revolut(レボリュート)の特徴とは?

Revolutは、2015年にイギリスのフィンテック企業がはじめたモバイルバンクで、現在の登録者は600万人を超えるという話題のアプリです。

住所証明なしでイギリスの銀行口座だけでなく、ユーロ送金が無料でできるEURO IBAN口座がもらえるのも◎

そのため、イギリス外のヨーロッパでもかなり人気があります。

18歳以上のEEA圏居住者が口座開設の条件なので、日本からの登録はできません。

みしゃく
みしゃく

Revolutが日本にも上陸しました!

ただし、日本のRevolutのカードをアクティベートするためには、日本の住所証明とマイナンバーが必要なので、すでに住民票を抜いて渡英済みの方が新規で持つことはできません。

でもたとえば、日本の家族に日本のRevolut口座を作ってもらい、イギリスでイギリスのRevolut口座を作れば、手数料無料で日英間の海外送金ができてしまいますよね!

Revolutのメリット

  • 1つの口座内で、複数の通貨(日本円を含む)を管理できる
  • 手数料無料で通貨間の両替ができる
  • クレジットカードでトップアップができる(VISA、Maestro、Mastercard)
  • 月£5,000まで海外送金が無料(24通貨に対応)
  • 使い捨てのバーチャルカードを選択できる
  • 仮想通貨にも対応している
  • 利用者が多い
  • 日本にもRevolutが上陸!

できることが盛り沢山!!

クレジットカードでトップアップできるのは、渡英したばかりの方には助かりますよね。

ただ、私は日本のクレジットカードを持っていないので試せないのですが、聞いた話によると、日本のクレジットカードからの入金には、£10につき10pほどの手数料がかかるようです。

みしゃく
みしゃく

JCBのデビットカードなら持っているのですが…JCBは非対応なようで、残念(>_<)

Revolutのデメリット

  • イギリス国内でのATM利用が月に£200を超えると手数料がかかる
  • 海外でデビットカードを使うと手数料がかかる
  • プラスティックのカードをオーダーすると送料がかかる
  • 現金・小切手の入金ができない

いろんな通貨や仮想通貨を管理したい方にとっては、Revolutはうってつけといえます。

また、番号使い捨てのバーチャルデビットカードが使えるのも魅力です。

ただ、普段使いしかしないという場合は、ATMからの無料現金引き出しが£200までだったり、現金の入金ができないなど、ちょっと不便なことがでてくるかもしれません。

Monzo(モンゾ)の特徴とは?

Monzoは、もともとはプリペイドデビットカードなどを発行していたイギリス企業だったのですが、2017年からは正式にスマートバンクをスタート。

いまや、イギリスではRevolutの人気を抜く勢いで、急成長中です!

2020年10月31日より、MonzoのATM利用手数料と、カード再発行手数料が変更になります。

変更点はつぎの2つ。

  • UK国内のATM利用料:無料⇒EEA圏内での現金引き出しは£250まで無料。その後は手数料3%。
  • カードの再発行(紛失、盗難など)⇒UK国内£5、UK国外£30がかかります。

Monzoのメリット

  • イギリス国内ATMの手数料が無料
  • イギリスを含むEEA圏内ATM手数料が£250/30日まで無料
  • 海外でのデビットカード利用時に手数料がかからない
  • カードの発行手数料が無料(盗難、紛失による再発行は除く)
  • £85,000まで貯蓄保証あり
  • 手数料はかかりますが、現金での入金が可能
  • Freepost(郵送)で、小切手の入金が可能

あと、これは個人の好みにもよりますが…Monzoのほうが、アプリが楽しいです(笑)

食費、娯楽費など、月々の予算を振り分けて、家計管理をすることができます。

最初のトップアップなども不要なので、Revolutより若干、登録作業がシンプルな気がしました。

みしゃく
みしゃく

2020年10月31日から、ATM無料利用の上限が無制限から、£250/30日までに変更します。

Monzoの最大のメリットがなくなってしまうのは残念(>_<)

それでもまだRevolutより£50多いのはメリットといえますが、£250を超過した場合の手数料はMonzoの方が高いので注意しましょう。

家賃の支払いが現金のみなど、どうしても毎月現金を引き出す必要がある場合は、RevolutとMonzoの2枚持ちをおすすめします。

もしくは、 ATMでの引き出し制限がないStarling Bankを使うのもありです!(※ただし、1日のATM利用は£300まで。)

Monzoのデメリット

  • 口座へのトップアップの方法が、実質、口座間の送金しかない

Monzoの難点は、口座への入金が実質、他の口座からの送金のみということです。

実際には、小切手(郵送)や、PayPointサービスがあるお店から現金を送金する(1回につき£1の手数料)ことが可能なのですが、イギリスの銀行口座がなければ小切手は無理ですし、現金でトップアップし続けるのも非経済的ですよね。

Monzoだけを使うなら、イギリスでのお給料振込用の口座と割り切って使って、必要なときに日本の口座から、TransferWiseで国際送金をしてトップアップするというのが解決策かな?と思います。

もしくは、Revolutに日本のクレジットカードでチャージして、RevolutからMonzoに送金するという手もありです。

ちなみに、Monzo口座からの国際送金サービスは、提携しているTransferWiseが行うので、Monzo口座を持つと自動的にTransferWiseが使えるようになります。

ただし、日本の口座から海外の口座へ国際送金をする場合、本人確認書類やマイナンバー提出のルールがあるため、日本の住所で登録したTransferWiseのアカウントを作っておくと便利でしょう。

TransferWiseで日本円を海外送金する方法については、こちらの記事を参考にしてくださいね。

まとめ:RevolutとMonzo、結局どっちを開くべき?

RevolutとMonzo、どちらでも、住所証明なしでイギリスの銀行口座番号がもらえるので、イギリス生活でとくに困ることはありません。

無料なので両方アカウントを作ってみて、使い勝手のいい方をメインバンクにするのもありですが、どちらかを選ぶなら…

  • チャージ方法は、イギリスでのお給料振り込みがメイン
  • 家計簿アプリとして使いやすいほうがいい
    Monzo
  • 現金よりデビットカードの利用がほとんど・複数の通貨をもちたい
  • クレジットカードからチャージしたい
    Revolut
  • 毎月現金を£250以上引き出す
    ⇒RevolutとMonzoの2枚持ち

がオススメです。

「Monzoにしたいけど、はじめのうちは日本のクレジットカードでチャージしたいなぁ…」という場合は、両方アカウントを開いて、クレジットカード⇒Revolut⇒Monzoに送金するのもありですよ。

RevolutとMonzo間は、アプリでサクッと無料で送金できます。

みしゃく
みしゃく

小切手で支払いを受ける予定がある場合は、「Starling Bank」というスマートバンクがおすすめです。

なんと、£500までの小切手ならスマホアプリで、£500以上でもPost Officeで自分の口座に入金できるんです!

RevolutやMonzoと同じく、アプリでサクッと口座開設できますよ。

実際にStarlingの口座を開設したら、詳しくレポートしますね(^^)

仕事探しや携帯電話の契約(Pay as You Goより、SIM OnlyでMonthly契約した方がずっと安い!!)など、銀行口座があるとイギリス生活のスタートがずっとスムーズになります。

残念ながら日本から事前にアカウントを開くことはできないので、渡英したらすぐにRevolutまたはMonzoのアプリ(もしくはStarling Bank)をダウンロードして、現地の銀行口座をゲットしましょう(^^)

コメント